キャリアパスとは何か

インフラエンジニアは、OSやネットワークというシステムのインフラ環境を専門に扱うエンジニアです。よって、アプリケーション開発を行うエンジニアとは異なり、OSやネットワークといったインフラそのものに通じている必要があるわけです。このために、OSやネットワーク周りの専門知識を身に付け、システムのインフラ環境を構築する業務経験を積み重ねて行くことがインフラエンジニアのキャリアパスとなります。具体的にはOSの環境設定を行う、デバイスドライバやユーティリティ・プログラムを作成する、ネットワークとのゲートウェイとなるルーターの設定を行う、といった作業を行うわけです。
また、OSやネットワークのセキュリティ機能を構築するために、ネットワークの入り口にファイアウォールを設定し、侵入検知システムを設けて不正侵入を監視できるようにする、といった作業も行います。このように、アプリケーション・プログラムが正常に動作するように、システムのインフラ環境を構築して運営する、というのがインフラエンジニアの主たる仕事なのです。こうした一連の作業を、様々に異なるユーザーのシステム環境上で実際に行ってゆくことで、そのキャリアパスが積み重ねられて行くことになります。こうした仕事は、アプリケーション開発を行うエンジニアの仕事に対して、いわば裏方的に仕事となるわけですが、こうした裏方の支えがあってこそ、ユーザーのシステムが正常に動作することになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です