会社設立のウソ?ホント!

会社設立に必要なものは何 ?

会社設立に必要なものは何 ?

会社設立には費用が必要なのはわかるけど、その他には何が必要なのか疑問ですよね。会社設立に必要なものは、まずは印鑑!そして、印鑑証明書、資本金、その他各手続きの書類が必要となります。

印鑑は大事!!

会社を設立する際に、まずは印鑑を作らなくてはなりません。その印鑑、実はとっても大事なものなんです!会社設立には、様々な手続きが必要です。その手続きにはもちろんのこと、手続きをするための書類などには、必ずと言っていいほど印鑑が必要となります。その印鑑で、会社としての重要な決定事項を行うのです。そのため、会社設立時には、しっかりと準備しておくことが必要です。

会社の印鑑は言ってみれば「実印」のようなものです。私たち個人にも、印鑑と実印の2つがありますよね。実印は大事な書類などに押すものなので、普段は持ち歩くようなものではありません。それと同じように会社にも大切な実印があります。その会社実印には、3つの種類があります。主によく使われる印鑑として「代表者印」、そして「銀行印」、「社印」この3つです。この中でも「代表者印」はやはりとっても重要なものです。この代表者印には、会社名の他に「代表取締役印」と記載されています。代表者印は、会社の代表としての役割を果たしている印鑑ともいえます。そのため、会社としての重要な手続き時や、契約を結ぶ大事な時に使われます。

また、「銀行印」は、銀行に届ける会社の印鑑のことです。主に、会社の小切手や預金の支払い時に使用されます。大事な会社のお金を動かす印鑑ですので、代表者印同様にとても大事な印鑑です。その銀行印には、会社名の他に「銀行之印」と記載されています。この銀行印は、代表者印と兼用することもできますが、万が一無くしてしまった場合のことを考えると、それはおすすめできません。個人の実印も別に分けてありますよね?同じような感覚です。もしもの紛失の際のことまで考えて、兼用にするかどうかは決めましょう。

「社印」とは、またの名を角印とも呼ばれています。代表者印よりも少し大きめのサイズで、四角い形の印鑑です。社印には、会社名だけが記載されていて、注文書や社内文書、社外文書、領収書などに使用されます。社印は、代表者印とあわせて使われることが多いので、大事な会社の印鑑です。 この3つどれも会社にとっては大事な印鑑ですので、しっかりと準備しておきましょう!!


Favorite

ダイビング 千葉
http://diver-hp.com/pc/divingshop/funabashi/
結婚相談所 東京
http://juno-lds.co.jp/
梅干
http://www.nankiumeboshi.co.jp/
銀座 美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000297923/
板橋 美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000307345/

2015/2/18 更新