インフラエンジニアが転職で考える方向性

インフラエンジニアでも将来的にはキャリアパスを歩んで管理職になったり、給料を挙げていきたいと考える人は多いでしょう。そのキャリアを歩む道を今ある会社の中で歩んでいくのか、もしくは他の会社に転職をしそれを機会にして出世していく道の2つがあるでしょう。そしてその中でも現在の会社で不満がある人、将来性に不安がある人は転職を目指すことになるものです。
また転職をすると決めても現場にずっといてインフラエンジニアのスペシャリストを目指すのか、それともマネジメントをする人間として管理職や経営陣を目指していくのかという方向性もそれぞれ個人で異なってくるものです。ただし両方の志向に共通して言えるのは自分の市場における人材としての価値をよく知っておかないとインフラエンジニアとして良い転職はできないということです。
市場価値とは自分の担当している仕事がどれだけ求人市場ででているのか、また自分の実力がどれほど他の求職者と比較して優れているのかという点です。資格を持っていればそれなりに実力は証明できますが、最も実力を確認できるのは他人に客観的に判断をしてもらうことです。そういった意味では転職に関しては専門のエージェントを利用すれば自分を客観的に見てくれて自分の価値を教えてもらえます。転職のエージェントは多数の人材を見てきており、また最新の転職市場の事情にも精通をしています。色々なエージェントに話を聞けばより客観的に自分を知ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です