インフラエンジニアの不利なキャリアパス

インフラエンジニアとして働くのは今の時代、悪くない選択肢と言えるでしょう。今はウェブサービスやスマートフォンなどの台頭により様々な通信をより効率よく安定して運用することが求められますから、需要は高くなっています。ただ、インフラエンジニアを目指すデメリットとしては、IT系の中でもどういう仕事なのかイメージがしづらいという点があるようです。IT系に詳しくないと何をしているのかさっぱりわからない横文字職業となることもあるようですね。また、安定して運用して当たり前という考えを持つ人もいますから、そのような人が上司や取引先になった場合、何かトラブルがなくて当たり前、あったらあったで責められる、という辛さを抱えることにもなるでしょう。
また、フリーエンジニアになっても仕事があるかどうか厳しいところです。実はインフラ系の仕事でフリーというのはめったになく、新規参入しにくい傾向があります。このため、他のエンジニアと比べても比較的フリーで身を立てることが難しく、インフラだけでは難しいためウェブサービスやアプリ系に行く人もいるようです。また、キャリアパスとしてスタートした時、経験が物を言うため、最初はあまり使いものにならないという傾向が見受けられます。大手のほうが大きな案件に関われてスキルも磨けるため、大手に入って大規模インフラに関われるかどうかがキャリアを決める、という厳しい考えや意見もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です